企業法務の主な業務について

企業法務の主な業務は、商事法務と契約法務です。

商事法務は、株主総会や取締役会を事務局として運営する仕事や、子会社の設立、事業譲渡、M&Aなど、会社法に関連する業務です。契約法務は、取引先との契約書の作成やチェック、また、業界によっては約款や取引規則の作成などです。民法のほか、不正競争防止法、特許法、各種業法、個人情報保護法、外為法などが関わります。

企業法務の主な業務について

企業法務の主な業務は、商事法務と契約法務です。

商事法務は、株主総会や取締役会を事務局として運営する仕事や、子会社の設立、事業譲渡、M&Aなど、会社法に関連する業務です。契約法務は、取引先との契約書の作成やチェック、また、業界によっては約款や取引規則の作成などです。民法のほか、不正競争防止法、特許法、各種業法、個人情報保護法、外為法などが関わります。

査察と税務調査の違い

査察とは、物事が規定どおりに行われているかどうかを調査、視察することです。

国税局には査察部という部署があります。税務調査と、国税局や税務署による調査という点では似ていますが、異なる点も多くあります。査察は犯則事件の調査であり、実際に行動するには警察からの令状が必要で、検視庁への告発を前提に行われます。一方で税務調査は申告漏れの調査であり、令状は不要です。